お知らせ・コラム お知らせ・コラム

column

シューペルブリアンのコラム

【社内インタビュー】「同一労働同一賃金」による派遣社員のメリット

2020.07.06 | COLUMN

女性活躍
2020年4月1日より、改正労働者派遣法が施行され、正社員と派遣社員との間の“不合理な待遇の格差”をなくすための「同一労働同一賃金」制度がスタートしました。この同一労働同一賃金に対する、シューペルブリアンでの取り組みやその反響をコーディネーターに聞いてみました。
 
−−同一労働同一賃金に対する取り組みを教えてください。
 
シューペルブリアンでは「すべてのスタッフを対象とした賞与の支給(1月、7月)」「交通費の支給」「退職金制度の充実(通常退職金制度+積立型退職金制度)」「有給使用時の給与100%支給」などで、派遣社員の待遇向上に努めています。
 
−−反響はどうでしょうか?
 
新規で登録されるスタッフの皆様には、派遣の働き方でも「賞与があること」「退職金制度が手厚いこと」に驚かれることが多いですね。登録スタッフの皆様からは、このような福利厚生面を評価いただき、お友達やお知り合いにもシューペルブリアンをおすすめいただくことも増えています。
 
−−同一労働同一賃金により派遣の形も変わってきていますね。
 
同一労働同一賃金以降、正社員と派遣社員の待遇の格差は緩和されていて、派遣の多様性ある働き方の魅力は高まっていると思います。この待遇面の向上をプラスに捉えて、それぞれの価値観を大切に多様性ある働き方が実現できる派遣の働き方を、より魅力あるものにしていきたいと考えています。