お知らせ・コラム お知らせ・コラム

column

シューペルブリアンのコラム

【介護資格】介護職員初任者研修と実務者研修の違いは何?

2018.10.01 | COLUMN

スクリーンショット 2018-10-01 12.58.45
まず・・・シューペルブリアンでは『介護職員初任者研修』『実務者研修』を働きながら無料で取得していただくことができます。※ナーシングケアパスポートはシューペルブリアンの医療福祉派遣専門ブランドです。
 
それでは早速『介護職員初任者研修』『実務者研修』について確認していきましょう。
 
介護5

介護職員初任者研修と実務者研修の違いは何?

 
介護職員初任者研修も実務者研修(介護福祉士実務者研修)も介護資格の入門資格に位置するもので、全くの無資格・未経験で取得できる資格です。
初任者研修はかつてのホームヘルパー2級相当の資格、一方の実務者研修は基礎研修・ホームヘルパー1級とほぼ同等の資格になります。
下記ではそれぞれの特徴を記していきます。
 
■介護職員初任者研修
【概要】
介護をする際に必要な基本的な知識や技術について修得し、介護業務を実際に行うことを目的とした資格です。
研修修了までの受講時間が短いため、初学者やなるべく短時間で介護について学びたい方に良いでしょう。
 
【研修内容】
合計130時間のカリキュラムで構成され、教材テキストを使って学ぶ講義と実際に体を動かして介護技術を学ぶ実技で構成されています。
全授業を終えると、理解度を確認する目的で修了試験が実施され、合格すると資格取得となります。
 
【こんな方にオススメ】
・これから介護職員として働きたい方
・短時間で介護のことを学びたい方
・介護の知識がまったくない方
・自分や家族のために学びたい方
 
■実務者研修
【概要】
実務経験のみでは修得できない知識や技術を学び、幅広い利用者に介護サービスが提供できるようになることを目的とした資格です。
介護福祉士取得を目指している方は実務者研修の修了が受験資格として必須となります。
 
【研修内容】
合計450時間のカリキュラムで構成され、教材テキストを使用して学ぶ科目と、介護の現場に則した実技行う科目で構成されています。
各科目の終了時に評価を行いますが、試験はなく、全科目を修了すると資格取得となります。
また、実務者研修を修了し、なおかつ3年以上の実務経験を積むと、国家資格である介護福祉士を受験することができます。
 
【こんな方にオススメ】
・すでに介護資格をお持ちの方
・介護業界でこの先も長く働き続けたい方
・介護福祉士や上位資格へのキャリアアップを目指す方
・給与や待遇を改善させたい方
 
 

まとめ

はじめて介護のお仕事をされる方には介護職員初任者研修、待遇の改善や将来的なキャリアアップを目指す方は実務者研修など、目的に応じて受講を検討されるのがいいですね。
 
シューペルブリアンでは『介護職員初任者研修』『実務者研修』を働きながら無料で取得していただけるサービスを用意しています。どのようなキャリアプランでお仕事をしていくべきかも含めてお気軽にご相談ください。
 
詳しくはこちらから
※ナーシングケアパスポートはシューペルブリアンの医療福祉派遣専門ブランドです。
 
(2018年10月2日時点)
 
シューペルブリアンお仕事情報はコチラから♪

LINE@の友達追加をお願いします♪
友だち追加